次世代フラクセルの優位性

フラクショナルレーザー(次世代フラクセル)は、これまでのフラクショナルレーザーに比べて優位性が高いと言われています。
レーザー治療の世界を引っ張って行く存在としても、これからも注目されていくと言えるでしょう。
フラクショナルレーザー(次世代フラクセル)の優位性についてまとめてみました。
■セラスを使用した場合のフラクショナルレーザーの優位性
セラスと言う機器を使用してフラクショナルレーザーによる施術を行った場合、皮膚への負担を最小限にし、ノーダウンタイムで、多様な肌トラブルに誠実な治療をする事が出来ると言われています。
セラスのよって照射されるレーザーは、これまで以上にミクロサイズであり、レーザーの間隔が一定である事から、正常で健康な肌を多く残す事が可能となります。
この事から、皮膚への負担を最小限にする事が出来、ノータウンタイム、および、ミニマムダウンタイムを実現させるのです。
また、治療したい部位、場所に、正確にレーザーを照射する事が出来、レーザーの到達深度も調整する事が可能な事から、多様な肌トラブルに対して幅広く対応する事が出来るのです。
従来のフラクショナルレーザーに比べて、こうした優位性があるセラスを導入しているクリニックで施術をして貰う事により、一層の美肌効果とリスクの軽減を実感する事が出来ると思います。
■フラクショナルレーザー(次世代フラクセル)のまとめ
従来の炭酸ガスレーザーに比べて、痛み、ダウンタイムがほとんど無く、高い安全性の元、的確な治療を行う事が出来ます。
レーザー出力の微調整も出来る事から、肌の多様なトラブルに対応する事が出来、個人個人のトラブルの状態にぴったりと合わせた治療をする事が出来ます。

関連する記事