次世代フラクセルの施術後のケアと特徴

フラクショナルレーザー(次世代フラクセル)は、安全性が高い事から多くの人々から注目を集めている存在です。
施術時にも痛みも少なく、ダウンタイムもほとんどない事から、今後の時代では主流となって行くのではないかとも言われている程です。
このフラクショナルレーザー(次世代フラクセル)を施術した後のケアやメリット等はどのような物があるのでしょうか。
■フラクショナルレーザー(次世代フラクセル)を施術後のケアについて
従来のフラクショナルレーザーを施術した場合と若干同じですが、施術後はレーザー照射によって、肌の浸透性が高まると言われています。
その為、グロスファクター(成長因子剤)やビタミンC、ヒアルロン酸等の注入を行うと通常よりも、より高い効果を得る事が出来ると言われています。
美肌成分を注入する事により、より高い美白効果を得る事も可能なのだそうです。
施術後のケアについては、施術後1週間は、ピーリング、無駄毛処理、日焼け、サウナ等の皮膚に刺激を与えるような行動は避ける事が必要になります。
日常的に日焼け止めクリーム等を使用し、紫外線からの刺激から肌を守る等、セルフケアはしっかりと行う事が重要になります。
また、レーザーを照射していますので、施術後1週間程度は、肌にざらつきや微細なかさぶたが出来る事があります。
それらをかいたり、ひっかいたりしないように保湿ケアを充実させながら自然に治癒するまで保護する事も必要になります。
これらの事に注意し、セルフケアをする事によって、自然になめらかな美しい肌へと生まれ変わる事が可能だと言われています。
施術後は、最低1週間はこうしたセルフケアが必要である事を熟知し、怠らないようにする事がおすすめです。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »