フラクショナルレーザー治療の流れ

フラクショナルレーザーは、その技術が登場して以来、美肌効果や様々な肌の悩みに対して有効な治療法であると言う事から、大変注目を浴びています。
その治療の流れはどのようになっているのでしょうか。
■カウンセリング
他のレーザー治療でも同様に、担当医師と十二分にカウンセリングを行います。
また各種フラクショナルレーザーのどの機種が適しているのか等もこの段階で判断します。
■洗顔
治療部位とその周辺までを清潔にして、メイクをしている場合には洗顔を行います。
■麻酔
必要に応じて麻酔クリーム等を塗布します。
その後しばらく麻酔が効いてくるまで待ちます。
■照射
目を保護する為にゴーグル等を装着し、カウンセリング時に決めた種類のフラクショナルレーザーを照射して行きます。
照射時間は長くても15分程度で、ほぼ顔全体が終了する事が一般的です。
照射中は機種によっては冷却装置を使用しながら照射する事もあります。
■照射後
照射後は再度洗顔を行い、残っている麻酔を完全に落とします。
治療部位を冷却しながら、炎症や腫れの軽減の為の軟膏等を塗布するのが一般的です。
治療部位を冷却している時に、高濃度のビタミンCのローションや、美白効果の高いクリーム等を塗布する事もあります。
治療部位のエイジング効果を最大限に引き出す為と言われています。
■アフターケア、検診
主にセルフケアが中心となります。
紫外線カット、保湿、治療部位への刺激を与えないようにする等を行います。
保湿と一緒に美肌効果や美白効果のある皮膚成長因子剤、皮膚保湿剤等を塗布する事も多くあります。
ハイドロキノンクリームを使用する事も最近では珍しく無くなりました。
およそ数日後には検診を受けます。
問題が無ければ1回の施術が終了となります。

関連する記事